潜在看護師

潜在看護師

潜在看護師という言葉を聞いたことがあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉かもしれません。
潜在看護師とは結婚や子育て、介護などの理由で離職し、現在働いていない看護師のことを言います。厚生労働省の推計では約71万人いると言われています。これだけ多くの人が復職すれば、看護師不足も解消されることでしょう。
復職すれば良いと言うのは簡単ですが、何年も現場から離れていると復帰するのが難しいのが看護の現場です。医療は日々進歩しています。また注射や処置など技術的な面もブランクがあると腕が落ちてしまっている可能性があります。復帰してもやっていけるのかどうかという不安や恐怖から現場復帰を敬遠している潜在看護師が多いのです。
こうした潜在看護師のためにも、夜勤のないシフトを組んだり、時短で働けるようにしたりと働きやすい環境整備に取り組む医療機関も少しずる増えてきているようです。また潜在看護師復職プログラムを組み、看護協会やそれぞれの病院で看護師の実践訓練をし直す場を設けています。
復職支援セミナーなども開かれています。詳しくは日本看護協会が運営しているナースセンターや各都道府県のナースセンター、看護協会のサイトを確認してみてください。
セミナーの内容は下記のようなものになっているそうです。

  • 医療・看護の動向
  • 医療安全管理
  • 看護技術(採血・注射、体位変換、バイタルサインの測定など)
  • 医療事故防止
  • 感染対策
  • 家族看護

など。
費用は基本的には無料ですが、実習期間中の普通傷害保険や看護責任賠償保険の費用が掛かる場合もあるそうです。
求人サイトの中にも復職研修を行っているサービスもあるようです。
厚労省も看護師などの免許保持者の離職者の把握を徹底し、ナースセンターが離職後も一定のつながりを確保し、適切なタイミングで復職研修など必要な支援を行っていこうという対応策を掲げています。
新しく看護師になる人の支援も大切ですが、経験のある看護師に復職してもらうことも重要ということです。せっかく取得した看護師免許ですから、ぜひ活かしていきたいですね。